様々なアイテムを活用した冬場の乾燥肌対策

私は乾燥肌で、冬場は特に乾燥します。そのためこれまでは、化粧水と乳液を塗った後に高保湿クリームを使うことで乾燥対策をしてきたのですが、
去年の冬はなぜか乾燥がひどく、これだけでは対応できませんでした。

 

そこで、さらに3つの対策を追加してみました。
まず1つ目は、マスクの着用です。電車内やオフィスなど乾燥している空間ではマスクをすることで、乾燥を防いでいました。
つけていると、頬や顎の感想は気にならなくなりました。

 

2つ目は、お湯を入れたカップをオフィスのデスクに置いて加湿器代わりにすることです。私の勤め先は、各自で加湿器が置けるほどのスペースはありません。

 

仕事で必要な書類や文具類を置くだけで狭くなってしまいます。そこで普段使っているカップにお湯を入れて置いておくことで、
少しでも加湿ができるようにしました。

 

マスクほどの実感はありませんが、乾燥対策に少しは寄与していると思います。

 

そして3つ目は、酸素水スプレーを顔に吹きかけることです。私はスウォッツという酸素水スプレーをオフィスに置いていて
、定期的にトイレなどで顔に吹きかけています。

 

効果は長続きしませんが、直接的に水分補給ができ、また少しひんやりとしてリフレッシュ効果もあります。

 

これは知り合いのエステティシャンに勧められた対策で、結構気に入っています。
去年の冬は、高保湿クリームを塗ることに加えこれらを対策をおこなうことで、特に肌荒れすることもなく冬を乗り切ることができました。

 

今年の冬も実践しようと思います。